彼岸の入り

朝起きて、カレンダーを見ると…
どうやら今日は彼岸の入り。
スーパーのCMでは「おはぎ販売中」。
そういえば頂き物の黒小豆ともち米があったなぁと思い立ち、
さっそくおはぎを作ってみました。

自分で作ると、あんこの甘さを調節できるので好きです。
中のご飯を小さめに丸めたつもりでも、あんこをつけると
思ったより大きくなります。
左の白いのは、中にあんこを入れ、砂糖を少々加えたすり胡麻を
まぶしました。

みんな喜んでくれるかな?

ハブラシコップと歯ブラシ

ライオンさんのORALcomのキャンペーンでいただきました。
ORALcomは歯の相談室。
赤ちゃんから大人まで様々な疑問に対応しているので、
子供達が小さい頃からよくお世話になっていました。
その際に、簡単なアンケートに答えてキャンペーン応募完了です。
今まで何十回もアンケートに答えてきて初当選です。
どっちがこのコップを使うかで子供達もめております。

「日本の盆地」「日本の平野」3日目

なんと盆地は9枚中残り4枚。
平野は22枚中残り4枚までになりました。

盆地は「北上」「新庄」「甲府」「近江」
平野は「石狩」「庄内」「濃尾」「播磨」が残っています。
本人曰く「漢字が難しい。」そうです。

「日本の盆地」「日本の平野」

慎重派の長女は「阿武隈高地」の漢字が不安…と、
「日本の高い山」「高い山脈・山地」継続中。
イケイケ次女は「日本の盆地」「日本の平野」へ。

まずは1日目。
「岩手県には北上高地と北上盆地。」
「日本最大関東平野」
というふうに、すでに覚えた地名と結びつけたり、簡単な情報を私が
説明しながら、次女が正しい漢字で付箋を作っていきました。

2日目
答えだと思うところに付箋をどんどん貼っていきます。
一緒に答え合わせをし、赤ペンで書き写していきます。
自信のある付箋は外し、自信のない付箋は明日のプリントに
移行させます。

結果、次女は「日本の盆地」では9枚中5枚を残し、
「日本の平野」では22枚中5枚を残しました。

次女はすでに都道府県名・県庁所在地はクリアしているため
「秋田」「仙台」「広島」「岡山」「長野」など県名や市の名前が
そのまま呼び名になっていることが多い平野は頭に入りやすかった
のかもしれません。
が…明日の結果が楽しみです。

漢字ドリルについて

今年の漢字検定終了後、1冊目、2冊目のドリルです。
下の娘はとにかくキャラクターや可愛いものが好きなので、
リラックマの5年生用の漢字ドリル。

2冊目には漢字ごとに練習するスペースのある、くまのがっこうの
5年生用の漢字ドリルです。
1冊目で一通り5年生で習う漢字は分かったと思うので、書き順や
バランスに注意して練習してもらいたくて選びました。

上の子は効率重視。
1冊目は毎日5問ずつで完了するドリル。
普段の学習量も下の子に比べると多いので、一応は中学1年生対応で、
前半は6年生の漢字の復習が含まれ、手軽なものを選びました。

2冊目には下の子と同じように、書き順やバランスに注意して
1つずつ練習してもらいたくて、市販のものをいろいろ見たのですが、
思ったようなドリルが見つからず。

そこで娘と実物を書店で物色して決めたのがこの1冊。
選んだポイントは次の2点。
・4級から出題範囲になる漢字が30個くらいずつに分けられ、そこから
練習問題が出されているので、漢字の見直しや確認がしやすいのではないかと思ったこと。
・ドリル自体が大きく、書き込み欄も広いので書きやすいのではないかと思ったこと。

書き順は漢字の形に大きく影響すると私自身は感じているので、
漢字検定で出題されるされないは別として、娘の様子を見ながら
必要に応じて書き順の徹底できるようなドリルを探すか、
私が自作するか検討しようかと思っています。

我が家の漢字学習

うちの子供達は小学校1年生の時から、毎年2月の漢字検定を
受験しています。
知っている方も多いと思いますが、漢字検定の10級から5級までは
小学1年生から6年生までの各学年で習う漢字に沿っているので
とても受験しやすいのです。

そこで我が家では各学年の漢字学習のまとめとして受験しています。

そして今年の結果も数日前に届いたのですが、
長女が5級(200点満点中195点)、
次女が7級(200点満点中184点)で無事合格!!
子供達もとても喜んで、早速「来年も受験する!!」の言葉を
いただきました~。
母としてはとても嬉しい、この言葉。
「受験させている。」➡「受験している。」
ということになるからです。
「来年も合格目指して頑張ろうね。」

ここでちょっとした問題が…。
次女の6級は5年生で学習する漢字に即しているので、
5年生用の漢字ドリルで書き順から学習できるのですが、
長女の4級は「中学在学程度」なので明確なドリルを
見つけることが出来ません。

日本漢字能力検定協会から出ている「漢検 漢字学習ステップ」
にしても、中学1年生用の漢字ドリルにしても、
今までのように1字ずつ書き順に気をつけながら練習できるような
ページがないのです。
すぐに問題が始まってしまうのです。

そこで本人に今までと違う形の漢字学習になることを説明し、
いろいろ見て、使いやすさ重視でとりあえず書き込み式の
1冊を決めました。

続きはまた。

モラタメさん

モラタメさんからハウス食品「スパイスフルカレー」チキンカレーとキーマカレー各1個ずついただきました。
カラフルなパッケージに子供達のテンションも↗↗
「スパイシーらしいよ。」と言っても「食べてみた~い!!」というので3人で食べてみました。

ご飯は雑穀米(おしゃれっぽく見えるので(笑))。
もし子供達にスパイシー過ぎた時のために目玉焼きものせてみました。

結果・・・4年生はスパイスもかけて「美味しい!!」と完食。
     6年生はスパイスなしで「辛い~」と半分で断念。
     私的には家では作れないようなスパイシーさに大満足。
     今度はいつも子供達の甘口カレーに付き合ってくれている
     主人にもたべさせてあげたいです。

中条たまごさん

中条たまごさんのたまごを10個もいただきました。
我が家では普段お目にかかれないような値段のたまごです。
そこで子供たちの大好きなプリンを作りました。

写真はたまごをくれたご夫婦へのお礼用。
よそいきです(笑)。
容器は鮭フレークの瓶の再利用。
後がけのカラメルソースはお弁当用の醤油さしに入れました。

プリン〈2人分〉
材料 たまご1個 砂糖大匙2 牛乳100cc
①ボウルにたまごを割り入れよく混ぜます。
②砂糖、牛乳も加え、さらによく混ぜます。
(バニラエッセンスをお持ちの方はここで少々)
③ここで茶こしなどで2、3回こすとよりなめらかになります。
④器に③の卵液を入れ、アルミホイルでふたをします。
⑤鍋に器の半分くらいになるように水を入れ、沸騰させます。
(まだ器は入れない)
⑥沸騰したら弱火にし、④の器を入れ、鍋のふたをして7分。
火を消して5分待ちます。
⑦鍋から取り出して、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やして完成。
※器の大きさにより加熱時間は微調整するといいです。

カレメルソース〈後がけ用〉
材料 砂糖100g 水50cc お湯50cc
①小鍋に砂糖と水50ccを入れ、中火にかける。
10分くらいでカラメル色に。
②火を止め、お湯を加え手早く混ぜる。
③再び弱火にかけ、よく混ぜて完成。
②の作業はカラメルがはねます。
私の場合はシンクまで鍋を移動させ、鍋をかたむけてカラメルソースに直接かからないようにしています。
出来上がったカラメルソースは小さな瓶に入れて、食べる人がお好みでかけて使います。

子供達はとても喜んでくれて、3日続けてプリンを作りました。
さすがに3日目に「明日も」のリクエストには
「2、3日間おこうよ~」と言ってしまいましたが、
喜んでくれると嬉しいし、サプライズでこれから作っちゃおうかなぁ。
もちろん、我が家で普段購入するふつ~のお値段のたまごでも
十分美味しくできますよ。

結果報告

19回目の結婚記念日は無事に?何事も、誰にも触れられることなく、
ただただ過ぎていきました。

昨日の夜中に結婚記念日の「●周年」の数え方ってどうなんだろうと
疑問に思い、PCで「結婚記念日 数え方」と検索した履歴を消し忘れたまま、昨日の朝、旦那様がPCをいじっていたので気づかれたかと
ドキドキしましたが、心配ご無用でした。

毎年結婚記念日をお祝いしたり、プレゼントを交換し合ったりする
ご夫婦もとても素敵で、うらやましく思うこともありますが、我が家はお互いにそういうタイプではなかったということです。
大切なのは「お互いに」というところ。
これって「価値観が一緒」の一例になるのかな。

祝??

本日、結婚式で考えると、結婚19周年。
あっという間過ぎて、これからどれくらい一緒に過ごせるのか
と思うと、1日1日感謝して過ごさないといけないなぁと改めて感じる。

付き合い始めたのが1995年だから23歳も歳とっちゃったんだなぁ。
立派なおばさんが出来上がっちゃいました。
旦那様、思い出すかな?
そういう私も特別なことをしようとは思っていないのだけれど…

20周年も仲良く迎えられますように。
これからもよろしくね。